神戸イーストライオンズクラブの主なアクティビティについて
 ■YE派遣

 1960年、我が神戸イーストライオンズクラブの提唱によりYE(youth exchange)が始まり、今やライオンズの大きなアクティビティのひとつとして、全世界規模にまで発展しました。
 若い人々が他国の文化や歴史に触れ、体験することによって、国際的な世界感が養われることを目的に、毎年多くの若者達の交流が行われております。

 ■レオクラブ

 レオクラブは若い人々に、
指導力(Leadership)
経験(Experience)
機会(Opportunity)

を与え、個性豊かな人間に成長させるための奉仕活動を推進するとともに、お互いの友情、親善および相互理解の精神を育成することを目的として設立されています。
 神戸イーストライオンズクラブでも神戸レオクラブをスポンサーし、若者の育成に貢献しています。

 ■盲導犬育成
 視覚障害者が誰にも遠慮することなく、大手を振って歩くことが出来たら…盲導犬はこんな方々の「目」となり「友」となって一緒に歩いてくれるのです。
 しかし盲導犬の育成・訓練には、一頭で約300万円を必要とします。この金額は盲導犬を必要とする人々にとって、たやすく用意できるものではありません。
 我が神戸イーストライオンズクラブは(社福)兵庫盲導犬協会の設立に貢献するとともに、その後の盲導犬育成の為の援助を継続的に行っております。



 ■献血活動

 現在日本では、常に血液の不足が深刻な問題となっています。
 この問題の解決は人々の『愛』による献血以外に方法はありません。神戸イーストライオンズクラブでもこの献血活動に積極的に参加すると共に、街頭での献血への呼び掛けや親和女子大学甲南大学と協力してのキャンパス内での献血活動を行っております。

 ■小学生バドミントン

 神戸市小学生バドミントンを応援しています。